BLOG

海の絶景に身を委ねるシエスタ

 

 

沖縄県恩納村の海岸沿いに建つ、借景を取り入れた自社物件の宿泊施設。

クライアントの要望は「シンプルモダンで統一すること」「ゆったりくつろげる空間」

の二つである。

立地条件を最大限に活かしつつも、クライアントの要望に応えるべく、

設計からインテリアまで細部にこだわった。

 

大開口のリビングは、ソファでくつろぎながら海を望むことができる贅沢な空間。

絵画を切り取ったような開放的な掃き出し窓には、カーテンを天井付けで提案。

ドレープはグレー、レースはパープルグレーで

外の青みと室内の落ち着いた雰囲気とのバランスを合わせた。

ソファやラグもグレーやブラックで色味を揃えることで

明るく眩しい青い海と空の色とのコントラストを引き立てている。

クッションの紫でアクセントをつけることで暗くなり過ぎず

落ち着いた雰囲気となった。

キッチンやベッドルーム、サニタリーもグレーやブラックの色味で統一し

視界から受ける色調による負担を軽減することで

より海の絶景が貴重で稀有な存在であり

私たちの心を穏やかにしてくれる効果があることを実感する。

 

バスルームはまるで海の上に浮かんでいるよう。

目の前に広がる海と空の、刻一刻と表情を変える様を感じながら

日々の生活の疲れを癒すシエスタのような空間である。