BLOG

スケッチは言葉である

 

前回CADの話をしたばかりですが、

今回は手描きのスケッチについて書かれた本を紹介したいと思います。

2009年に建築文化シナジーから発行された

建築家・手塚貴晴著の『手塚貴晴の手で描くパース』です。

 

tezuka1

 

パースとはパースペクティブ (perspective) の略語で透視図法のこと。

建築の分野では図面だけではイメージしにくい空間の完成予想を

任意の視点から見たままに描き起こした絵を指します。

この本を読むとパース=「消失点を持つ絵」ということがよく分かります。

 

技術的な解説のパートは類書のそれとほとんど同じ内容なのですが、

すべての説明図が手塚氏の描くカジュアルな動きのあるスケッチなので、

透視図法の少々複雑な原理もすっと理解できるように工夫されています。

 

しかし、本書の肝は単なるテクニックの指南ではありません(…たぶん)。

手塚氏は、CADを使いこなそうとして逆にCADにコントロールされている

昨今の建築学生や設計業界の若い人に向けて

手を動かして考えることの重要性を切々と説きます。

 

「図面を10枚並べて解けなかった問題が

 1枚のスケッチを描くことによって簡単に解決することはざらである。」

 

実際、クライアントや現場での職人さんとの打合せの中で、

長々と口で説明するよりも一枚のスケッチであっという間に

イメージの共有ができてしまう場面はよくあります。

著者も言うようにスケッチは言葉だと実感する瞬間です。

 

手塚氏の手による、筆のスピード感が半端ない建築パースだけでなく、

学生時代の制作課題や旅先での水彩画なども掲載されていて観て楽しめる本でした。

個人的には鉄骨構造の部分詳細パースに見入ってしまいました…。

 

tazuka2

(K)

電球

 

電球と聞けば、まんまるした電球が思い浮かぶと思います。

ですが、わたしはオシャレなお店で薄い電球を見つけてしまいました。

それが、こちらです!

IMG_20170425_193941_609

さぁ、見えたでしょうか?

そう、光るのです(笑)

IMG_20170428_071005_534

こんなに薄いのに、ビックリしましたが、結構明るく光るのにも感動しました。

最近は寝るときにつけ、見て癒されています。

癒しは大切ですね。うふふ

 

(M)

ジュラシックパーク

 

映画好きの私の憧れ「ジュラシックパーク」に行きました。

ありがたいことに沖縄本島にあるんです。

名護市にある御菓子御殿に併設されている「DINO恐竜PARKやんばる 亜熱帯の森」

FullSizeRender

美ら海水族館の帰りに寄ってみたのですが、思った以上のクオリティの高さに驚きました。

恐竜のリアルさ、敷地の広さ、森の植物のメンテ等…

コストもそうですが、手間暇かかった施設の運営に感動しました。

(子供の頃に来ていたらただ楽しんでいたのだろうけど、大人になるとメンテ代とかいろんなことを考えてしまいます…)

ビビって抱っこをせがむ息子は主人に任せて、私は終始楽しみました。

 

(A)

旅 ポルトガル編1

今日も旅の続きです。

やっとポルトガルへ到着しました前回までの内容はこちらで見てみてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 4月11日のブログ

4月18日のブログ

 

で、ポルトガル初日はやはりこれ

_DSC5881

_DSC5882

エキスポ’98・ポルトガル館(設計:アルヴァロ・シザ)

こちらで書いています → 4月4日のブログ

 

やはりすごい迫力でしたが、布のような表現からなのか、圧迫感はその規模にしては無く、優しい表情のある建築でした。

写真で感じるものと違うものを感じました。

やはり「百聞は一見にしかず」です。

 

そして、今回の旅ではレンタカーにチャレンジしました。

日本で国際免許を取得し現地でレンタカーを借りました。

(国際免許取得といっても必要書類を出すだけですぐ取れました)

リスボンから北へ約300キロ北へ向かい出発です。

左ハンドルで右側通行という、日本と全てが逆。

しかもポルトガルの人はスピード出す出す。

120キロは当たり前の世界でした。

_DSC5897

ビビりながら運転し、アヴェイロという街に到着しました。

_DSC5903

なかなか綺麗な街です。

ここでの目的はまた次回〜〜^^

(T)

 

 

神秘的な森の世界

 

小学生の時の修学旅行以来の伊江島へ。

既に殆ど記憶が残っていないので

初めて行くような感覚で船に乗りました。

 

で、伊江島へ行ったならば皆が行くであろう

伊江島タッチューこと城山へと向かいました。

 

小学生ぶりの伊江島タッチューはかなり急な傾斜!!

こんなはずでは無かったぁぁぁ。。。

という私のトホホなお話はスルーします。

(だいたい想像つくだろうし。。。)

森の世界が素晴らしくて感動の連続でした。

 

大きな岩に絡みつく木の根。

本来地中にある世界が垣間見れて

なんだかとても不思議な光景でした。

 

FullSizeRender

 

木の幹から出るはずの葉が岩から出てます。

なぜこんな風に生息しているのかは全く分かりませんが

ウロコのように葉っぱが付いていました。

なんだか可愛くてほっこりする光景でした。

 

FullSizeRender 4

 

こちらは大木から出ていた新芽!?

こんな柔らかい葉や茎が大木へと育っていくのかなと

想像が広がっていきます。

 

FullSizeRender 2

 

空気も美味しいのはもちろんですが

葉のざわめきも虫の声も全てがα波出てそうな雰囲気。

心地よい空間は自然には敵わないのかも。。。知れません。。。

 

(S)

実りの季節

ここ最近暑いくらいの陽気でしたが、今日は雨の影響もあってか少しひんやりしてますね。

 

数日いい天気が続いた影響もあり、家の裏庭に置いているプランター植物にも変化がありました。

 

FullSizeRender 2

 

違うプランターで3種類ほどのイチゴを植えていたのですが、やっと第一弾を収穫することができました。

今回は一粒のみの収穫だったため、大人の口に届くことなく娘の胃袋に納まりました。

 

自分の口に入るのはいつになるのか。。

大量収穫できる日を気長に待ちたいと思います。

 

(Y)

CADという鉛筆 2

 

現代の鉛筆=CADはすごいことになっているという話(前回のエントリ)でした。

 

BIM

 

先週受講したセミナーで重点的に紹介されたBIMとは

Building Information Modelingの頭文字をとった略語で、

そのままビーアイエムまたはビムと発音します(講師は後者で説明していました)。

Wikipedia的には

「3次元のリアルタイムでダイナミックなモデリングソフトウェアを使用して

 意匠のほか構造・設備の設計情報および材料やコストなどの付随情報を

 一つのデータで管理し建築設計および建設の生産性を向上させるソリューション」

…と説明されます(???)。

ざっくり言うと、設計する建物をコンピュータ上にデータとして建ててしまい、

それをそのまんま利用して例えば実施図面の作図や積算に利用しようというものです。

 

一旦BIMで建築モデルを建ち上げてしまえば、それを水平に切れば平面図、

縦にスパッと割ると断面図、無限遠から側面を眺めれば立面図、

室内から4面の壁を正面に見れば展開図、

アングルを決めてパシャっと写せば内観パース、

外部の離れた地点に立って仰ぎ見れば外観パース、

仕上げ材料を拾って一覧に表示すれば仕上表……と

設計に関わるあらゆる「絵」が即座に得られるというわけです。

 

編集や変更は一つのモデルを一元的に扱うので

図面間で起こりがちな不整合が起こりにくいという長所もあります。

 

BIMによるモデルは3DデータなのでVR(仮想現実)テクノロジーとの相性も抜群です。

実際セミナーではスマートフォンのアプリを使って

3Dモデル内を歩き廻るという体験をすることができました。

近い将来、クライアントに

「建築設計データはこれに全部入っていますのでお試しください」と

図面ではなくVRゴーグルをお渡しする日が来るかもしれません。

 

長々と専門的なことを書いてしまったので、

最後にぼくの描いたCAD図面(2D)を隈なくチェックする

ソフィー先輩の後ろ姿で締めたいと思います。

 

Sophie

(K)

モジュール

 

スタッフ数名でモジュール主催の西海岸建築レポートと2017モデル発表説明会へ参加してきました。とても、面白く勉強になりました。また、講師の話を聞きまだまだ知らないことがたくさんあるなと改めて実感する日ともなりました。西海岸建築レポート発表が終わり、モジュールショップへ移動をしモデル発表説明もありました。そこで、わたしごとなのですが、モジュールショップに入るのは初めてで、最初に目が止まったのが模型で使うものです。

 B612_20170420_165340

とても、ずっと見ていたかったです。また、近々モジュールショップにお邪魔してゆっくり見たいと思います。

イベント参加後には傘入れをいただきました!またこれも、シンプルで素敵でした。

B612_20170421_065733

 

(M)

取っ手

 

休日はこのカップでカフェラテを飲んでいます。

スペインの作家さん(ラファエル ナバス)のカップです。

FullSizeRender

初めて見た時は「足が生えてるし、取っ手も変だし、使いにくそうだな」と

思いましたが、この取っ手「あら、びっくり!」と言いたくなるほど手に馴染みます。

取っ手の位置とカップの曲線のバランスがちょうどいい。

両手で持ってカフェラテを飲むと「ホッ」と言ってしまいます。

カップの中はこんな感じ。

FullSizeRender 4

後ろ姿は「カメ???」

FullSizeRender 2

見ているだけでも楽しくなります。

今週末もこのカップで「ホッ」とする予定です。

 

(A)

 

旅 ポルトガル到着

旅の続きです。。。

前回のはこちら → 4月11日のブログ

 

ちょっとしたトラブルを経て、やっと本来の目的地であるポルトガルへ到着しました。

この日はポルトガルの首都であるリスボンに一泊しました。

夜中についた宿は事前にネットで予約していたところ。

入り口はこんな感じです。

_DSC5821

ホテルっぽくない佇まい。

ノックをすると中から女性が出て来て、部屋へ案内されました。

最近日本でも増えている、いわゆる「民泊」というスタイルです。

 

廊下です

_DSC5819

部屋の入り口です

_DSC5820

このようなスタイルの宿に泊まるのは初めての経験で、少し戸惑いましたが、部屋も綺麗で必要なものは揃っていて、なかなか快適に過ごすことができました。

 

部屋の窓を開けると、外は飲食店が立ち並ぶ賑やかな通りでした。

_DSC5811

 

朝はこんな感じ。

すっかり静かです。

しかし、なぜピンクなのでしょう??

_DSC5829

 

_DSC5830

 

今回の旅では、普通のホテルではない、このような民泊形式の宿にいくつか宿泊しました。

不安もありましたが、それぞれの宿の違いを楽しみながら宿泊することができました。

沖縄でも最近どんどん増えて来ていて、設計でそのような相談を受ける機会も増えて来ましたが、実際に体験することができたよかったな〜と思いました。

 

では、今日はこの辺で〜

(T)

 

黄梅

 

先日、とても珍しいお花を見つけました。

一目惚れでした。

早速、お家に帰って飾ってみました。

 

IMG_0422

黄色い梅の花。

家に帰って生けるとボリュームが凄い‼︎

なんだかかなりダイナミックな空間。

ちょうど来客もあったので

たくさんの人に見てもらえて幸せでした。

 

普段なかなか見つけられないお花は

チャレンジングで刺激的であります。

枝物なので、もうしばらく楽しめそうです。

 

(s)

CADという鉛筆 1

 

昨日から今日にかけて、スタッフ連れ立って

あるCADソフトのセミナーを受講してきました。

ちなみに、CADとはComputer-aided designの頭文字で、

パソコン上で図面やパースなどを描く設計支援ツールを指します。

いろいろな種類がありその操作はどれも複雑難解です。

今回はその開発メーカーが主催のセミナーで、内容も充実したものでした。

まずはこのようなセミナーを受講させてくれた会社に感謝です。

 

vectorworks oc

 

複雑なCADソフトを操るスキルは何か語学スキルと似ていると感じていました。

でも、正確にはこの比喩は間違っています。

建築設計ではある意味、最終形の建築物とそれを前もって様々な見方で写し取った

図面が(音楽に負けず劣らず)世界共通の言葉といえます。

手段としてのCADはその言葉(ストーリ)を書き連ねる鉛筆みたいなものです。

その読み書き(とくに「書き」)には決められた文法があり、

ある程度の習熟が必要です。

ストーリの構想にはもちろん時間をかけますが、

それが固まれば、原稿(図面)は早く書き上げるに越したことはありません。

そうすれば関係者みんながハッピーになれます(本当に)。

 

そんな思いで臨んだセミナーでしたが、ぼくがいちばん印象に残ったのは、

BIM(Building Information Modeling)という方法の解説でした。

現代の「鉛筆」は凄いことになっているという趣旨なのですが、

長くなりそうなのでこのことは次回に書きたいと思います。

 

余談です。

セミナーの中で講師の方が「この操作はジョイパッケージでは

簡単に〇〇することができます」のようなコメントを頻繁にするので、

ジョイパッケージって楽しげなネーミングだなと思って聴いていました。

最後あたりで気づいたのですが、「(ソフトの)上位パッケージ」の聞き違いでした。

しかもクレールアーキラボで使っているのは一般的なグレードのものなので、

あまり関係がなかったという…。

 

今回のセミナーは、P’s SQUAREという比較的新しい複合施設で行われました。

抜け感があり散策していて楽しい建物でした。

屋外階段のデザインに力が入っていたので写真を何枚かパシャリ。

 

ps square

(K)

パズル

 

B612_20170413_232017

 

一日で終わるはずが、今日で三日目です…。

タイトルの通り、パズルは『なぞ』です。

なかなか、夜空の暗い部分がはまってくれません。

たまにやるといいですね。

(M)

 

趣味の行方

 

手作りの塩麹ベーコン。

作ったのは私ではなく、料理が趣味の主人です。

IMG_1468

今回はハーブ味とピリ辛ベーコン。

何週間も前から冷蔵庫の野菜室で燻されるのを待っていました。

FullSizeRender 2

手作りはベーコンだけでなく、燻製器も手作りです。

温水器の給水タンクを加工して作った二段式の燻製器。

ダンボールの燻製器から始まり、ホームセンターで購入した燻製器。

市販の燻製器では満足できなかったのか、燻製器まで作ってしまいました。

FullSizeRender 3

「この人の趣味はどこまでも…」と思いつつ、

5時間かけて燻製されたベーコンをじっくり味わいました。

 

(A)

 

 

旅 アクシデント

さて、今日は旅のつづきです。

前回のはこちら → 2017.4.4のブログ

 

旅にはアクシデントはつきものと思っています。

今回は早速行きの飛行機でアクシデントが起こりました。

ポルトガルまで行くのに飛行機を3つ乗り継いで行く予定でしたが、2つ目の飛行機が遅れてしまい、なんと3つ目の飛行機に乗ることができませんでした。。。

しかし予定を急遽変更し、想定外のフランクフルト観光ができました^^

 

フランクフルト大聖堂

_DSC5716

 

リチャード・マイヤー設計の「フランクフルト工芸博物館」

_DSC5791

 

ハンス・ホライン設計の「フランクフルト現代美術館」

_DSC5752

 

オズワルド・マティアス・ウンガース設計の「ドイツ建築博物館」

_DSC5802

 

などなど

想定外の建築見学ができました^^

何かトラブルが起きてもそれを臨機応変に考え行動できると良いこともあります。

今回は少しでしたが、いつかじっくりドイツの建築も見て回れたらと思います。

(T)

 

お庭で過ごす時間

 

一気に夏めいてきましたね。

土曜日はポカポカ陽気に誘われて

お外でランチタイムを楽しみました。

 

FullSizeRender

 

芝生の上で過ごす時間はやはり格別です。

庭の緑を眺めながらホッとリラックスタイム。

仕事の合間のお昼休みが

特別な時に感じる魔法のようでした。

お庭タイム、これからもチョコチョコと

日常にして行こうと思います。

 

 

今日から月曜日。

室内にはビタミンカラーがよく映えます。

 

FullSizeRender 2

 

(s)

ひと息

今週は公私ともに慌ただしく、あっという間の一週間だったように思います。

 

 

IMG_2055

 

写真は浦添市港川の外人住宅街にあるコーヒー屋さんのコーヒーと、パン屋さんのパン。

少しパタパタな時の相棒は美味しいコーヒーと美味しい食べ物に限ります。。

(Y)

建築のあたらしい大きさ

 

はじめまして。

この4月から正式にクレールアーキラボのメンバーに加わりました。

ただの建築好き30代(昭和生まれ)男子です。

 

さっそくベタではありますが最近読んだ建築の本を紹介したいと思います。

石上純也の『建築のあたらしい大きさ』です。

これは、2010年に石上氏が豊田市美術館(←谷口吉生設計)で、

5つの大きな模型をメインに据えて開催された展示会のカタログ的な本です。

 

junya ishigami

 

石上氏の構想する建築は普通の建築の範囲を軽々と超えていて、

一度見たり聞いたりしただけではなかなか理解できません。

たとえば、最初の章「雲を積層する」で紹介されるのは、

積乱雲と同じスケールだという幅24km×奥行き19km×高さ13.75kmの

「建築」の縮尺1/2500の模型です。

(つまり実際の模型のサイズは9.6m×7.6m×5.5m。)

厚さ15μmの不織布とφ700μmの炭素棒で構成されたその模型自体が

どうして成立しているのか、ぼくは未だに理解できません。

 

本の内容は展示された模型やプランの他に、

生物学や環境学などの専門書から引用された図表であふれています。

建築の本というより何か自然科学の本を読んでいる気分になります。

意外と建築専門の人より一般の人のほうが素直に楽しく読めるのかもしれません。

 

石上氏の最初の建築の実作で建築学会賞も受賞した

神奈川工科大学KAIT工房を扱った2つ目の章「森を計画する」は、

個人的にそこを数年前に訪れたことがあるので興味深く読むことができました。

この建築の体験についてはまた追々紹介できればと思います。

 

展覧会の本が出版されるのは沖縄に住んでる者にとってとても助かります。

ただ、実物を観たかったなという後悔の気持ちにもなってしまいます。

読み進めながら、行けなかったお気に入りのミュージシャンの

ライブDVDを観ているような感覚になりました。

 

(K)

不思議な気持ち

 

はじめまして、4月から入りました。

平成生まれの新人です。

まだ学生だった去年の春に、複数の設計事務所の作品が展示されているイベントに行きました。

そこで、クレールの展示の所で『海をのぞむ家』の写真を4種類頂き、自宅に持ち帰り飾りました。

多分、あの時いたスタッフはこのお客さんたくさん取っていく…と思ったのかと…。

B612_20160214_173823

毎日見る写真だったのが、今では毎日通う場所になり、毎日不思議に思います。

 

(M)

 

生まれ変わったら…

 

私は子供の頃から不器用です。

40年以上生きていますが、自分より不器用な人に会ったことがありません。

「器用な人は不器用な人より人生を10倍得している」と思っています。

 

トイストーリーのバズが好きな息子のために、姉の職場の調理師さんが島ぞうりにバスの絵を彫ってくれました。

あまりのクオリティの高さに感激しました。

「絵でもこのレベルで描けない…」と思いつつ。

仕事から帰ってきた主人が持ってきたチビっこのランドセル。

主人のお客さんで趣味が手芸という方が、「子供にあげて」とくれたそうです。

カバーがちゃんと開閉できるようになっているところに驚きました。

 

クレールの設計担当者が模型を作っているのを見る度に、「私は一生かかっても作れないな」と言って眺めています。

生まれ変わりがあるのなら、次の人生では器用になって物作りに没頭してみたいです。

その時は模型作りができるかな…

 

(A)

 

FullSizeRender 2

 

 

 

FullSizeRender