BLOG

interior

暖かく家で過ごす時間

今夜から少しだけ沖繩も肌寒く感じます。

暖かくして家の中で過ごす時間が

楽しくなる季節です。

コーヒーがあまり飲めない私は

紅茶の贈り物をよく頂きます。

先日もらった紅茶がとても粋なデザインでして。。。

 

 

ティーバッグをホールドする部分が蝶々になっています。

カップのふち子さんならぬカップの蝶々さんです!

お茶が出るまでの時間も楽しめ

見た目も可愛くて味も美味しくて

とてもほっこり贅沢な時間でした。

 

この時期は家で過ごす楽しみがもう1つありまして。。。

ソファーでダラダラしながらクリスマスツリーを

ぼーっと眺める時間はとてもリラックス出来ます。

 

 

年末の家で過ごす貴重な時間は

是非、リラックスしたいものですね〜。

 

(S)

JAPANTEX2018

先週、東京ビッグサイトで開かれた

「JAPANTEX2018」に行ってきました。

ものすごく広い会場の中では、

様々なインテリアに関する企業のブースと、セミナーが開催されていました。

 

こんなかわいらしいブースもありましたよ!

 

なんて夢のあるお部屋・・・

 

この部屋のコンセプトは

「カワイイものに夢中な女の子たちの為に

大好きなリボンとフリルをたくさん使ってお部屋をデコレーション。

幼い時に過ごした部屋は大きくなっても子供達のココロのなかにあり、

それはずっと残り、自分たちの理想のインテリアを叶えていくに違いない・・・」

 

 

もう 完全なババアのワタクシですが(認めたくないけど)

いくつになっても女子はカワイイものが大好きなんだな〜

と改めて思い、コンセプトの通り

インテリアは人生において大事な要素であることを感じました。

また 機会があればJAPANTEXの写真をアップしていきたいと思います。

お楽しみに!!

(ちゃーこ)

 

 

 

 

 

NewYork  Style

 

 

山林を切り開いた土地に建つ、インテリアコーディネートを手掛けた他社物件。

インテリアに対するクライアントの要望は「ニューヨークスタイル」 

 

3つのベッドルームはベッドヘッドボードを造作。

ゆったりと眠れるよう、シングルサイズとセミダブルサイズのマットレスを合わせた。

ヘッドボードには華やかなクロスを用い、機能性と意匠性も兼ね備えている。

色とりどりの華やかなクロスを用いた2つのベッドルームは

ボルドー系の色味でまとめ、

もう1つのベッドルームはブルー系のベッドスプレッドやクロスを使用。

カーテンとペンダント照明を3部屋とも統一する事で

まとまりのあるインテリアとなった。

 

リビングダイニングは、奥に続く部屋の引き戸を撤去。

8人掛けのダイニングテーブルを置いても狭さを感じさせる事のない、広々とした空間。

引き戸の代わりにレースカーテンを用い、ダイニングルームと緩やかに区切ることで

一息つける空間としてのリビングルームを作り出している。

レースには赤やピンクの光沢のある素材を使用し、

間仕切りとしての役割と、きらびやかなニューヨークのイメージに近づくことが出来た。

 

シンメトリーにソファを配置し、ラグジュアリーな空間を作り出し華やかさを演出。

キッチン造作棚や家電、ダイニングセット、ラグなどをブラックでまとめ

派手になり過ぎず、モダンでスタイリッシュな

ニューヨークスタイルのインテリアとなった。

 

 

コートテラスのある家

 

夫婦と幼ない子供2人が暮らす、コートテラスのある自社物件。

クライアントの要望は、コンクリート打ち放しと白色の塗装仕上げにシンプルな間取り。

広々としたリビングダイニングには大開口の掃き出し窓、

その先にコートテラスを設けた。

外からの視界も十分に遮られるため、カーテンはレースのみとし、

天井付けで設置したことで、より天井の高さを感じる。

リビングからコートテラスまで動線を遮るものは一切なく、

外部と内部がゆるやかに繋がり開放的な空間となり

そこを行き来しながら、はしゃぐ子供達の姿が目に浮かぶようだ。

アイランドキッチンからはリビングダイニングの家族の様子が一目で見て取れ

安心して家事が出来ることで家族がひとところに集い、

子供達の日々の成長も感じられる場所である。

 

「シンプルに暮らしたい」

その一言が建物・インテリアに反映され、余計な物や概念・思想に邪魔されることなく、

家族と共に一緒にまっすぐに成長していく・・・そんな家となった。

 

花束をもらう時

 

つい先日、素敵な花束を頂きました。

花束をもらう時。。。それは誕生日が多いのです。

今回も誕生日にとても美しい花束。

本当に幸せであります。

 

 

大きな紫陽花と不思議な薔薇とユーカリ。。。

森の中に迷い込んだような花束です!

柔らかい色味がインテリアにもとてもマッチしております。

 

 

たまたま、飾っていた時に家族が訪ねてきたのですが

母も姉もお花に見入っていました。

 

花束をもらった時にさっと活けられる花器を

いくつか用意しておくと楽しみも2倍になります。

お花越しに見える景色も、いつもと変わってみえるから

不思議であります。

 

(S)

タイミング

 

11月に入ってもう9日かも経つのですね。

本当にあっという間です。

 

毎年、クリスマスツリーは11月に入ったら

出して良いというマイルールに従っているのですが

今年はなかなかタイミングがつかめません。

 

新人のベイベーワンコがおりまして

名前はモネです。

 

 

ベイベーなので何でもオモチャにしてしまう天才。

きっとツリーを出したら

興味津々で寄って行きそうなのです。

 

クリスマスツリーは本当に限られた時間しか

楽しめないspecialなインテリアアイテムです。

私は個人的に1年で1番好きな季節。

 

出すタイミング。。。本当に悩みます(笑

 

(S)

NewYork Style

今日はある物件の写真撮影でした。

民泊仕様インテリアコーディネートを手掛けた他社物件です。

この物件のテーマはズバリ

 

「NewYork Style]

 

 

にゅーよーく・・・

 

 

 

行ったことなーーーーい!!!

 

 

それはもう、雑誌やネットを駆使して

それらしきアイテムや色味を勉強しました。

普段、自分では選ばないであろう色や模様を取り入れるのは

勇気がいる事でしたが、出来上がってみると

ニューヨークになっているではありませんか!!

 

 

 

そしてテーブルコーディネートのテーマは

「ケーキとフルーツパーティー」

 

 

あいにくの曇り空で、室内の明るさにも影響あるかと心配でしたが、

無事キレイに撮れたと思います。

カメラマンさんが撮ったもっと綺麗な写真は

ホームページのインテリアワークスにアップするので、

お楽しみに!!

(ちゃーこ)

 

 

 

 

 

 

 

山と海を楽しむ家

外人住宅として利用されてきた建物を、オーナーが民泊事業を始めるにあたり

インテリアコーディネートを依頼、携わることとなった。

緑豊かな小高い場所に建つヨーロピアン風の外観と、

眼下に広がる青い海が訪れる人優雅な気分にしてくれる、

そんな立地条件を最大限に活かしたインテリアコーディネートである。

十分なスペースのあるリビングダイニングは、

大きめのソファとダイニングセットを設置。

ダイニングセットにベンチシートを取り入れることで、

大人数でも柔軟に対応出来るように配慮した。

ベッドルームも十分な広さを活かし、

ダブルベッドを2台並べ、デイベッドも設置。

大人数で旅の思い出を語りながら休める空間とした。

また、大型のクローゼットはキッズルームとして活用。

カラフルな花モチーフのインテリア小物やぬいぐるみなどのおもちゃを設置、

遊び心のある、大人も子供も楽しめる空間となった。

どの部屋からも熱帯地方特有の木々の緑と、

眩しく煌めく青い海と空を感じることができる空間を生かすため、

インテリアのカラーは全体的に落ち着いたトーンで統一。

クッションやフォトフレームなどの小物でパープルやグリーンを取り入れることで、

外観、室内、景色が全体的にバランス良く、まとまった印象を与えている。

花器

 

先週末は久しぶりの見学会でした。

連休の忙しい中、多くのお客様にお越し頂きました。

ありがとうございました。

 

植栽や家具など、多くの関係業者の方々に協力していただきました。

素敵な空間の中での見学会はとても心地よかったです。

 

見学会のインテリアで私が気になったのは、

植栽業者さんが用意してくださった「花器」。

その中でも特に気になる物が「脚付きの花器」。

 

 

 

家で使っているマグカップにも「脚」がついているのですが、

近頃は脚の付いた物が多い気がします。

脚の付いた物を見ていると「背を向けている間に動いている?」、

「この子達はどこへ歩いて行きたいのかな…」と考えてしまいます。

最近は子供と一緒にアニメやSF映画を観る機会が増えたので、

自然と想像力が鍛えられているのかもしれません。

記憶力は衰える一方ですが…(悲)

 

(A)

ピクチャーウインドウを活かしたインテリア

金武町屋嘉の海沿いに建つ、民泊仕様物件のインテリアコーディネート。

 

目の前がすぐに海岸という好立地で

ベッドルーム、リビングダイニングから

室内にいながらにして海を眺めることができる贅沢な物件である。

ゲストが日常を離れ、ゆっくりと旅を楽しみ

非日常を堪能することができる空間作りを意識した

インテリアコーディネートである。

 

リビングダイニングは大人数での宿泊も想定し、ダイニングセットのみを設置。

ゆったりしたソファに、プフを2つ置き、座でくつろぐ空間とした。

海の青さを引き立てる為、ソファやラグなどは黒やグレーで統一。

アクセントカラーとして、クッションやフラワーベースなどの小物に

紫やブルーを取り入れた。

 

ベッドルームも、カーテンやベッドの色味は黒やグレーの

落ち着いたトーンで揃えることで

窓の向こうに広がる海の青さをより引き立てている。

 

赤土だった庭には、ウッドデッキを提案。

ガーデンチェアやマットで、海を眺めながら

ゆったりくつろぐことができる。

秋の気配

まだまだ日中は暑い沖縄ですが、ここ最近、朝夕は少し気温が下がり、気付けばいつの間にか夏が過ぎ秋の気配がして来ました。

我が家はほぼ真東に向いて大きな窓があるため、大量の朝日が直接入って来るのですが、太陽が昇る位置が少し南寄りに変わって来たのを気づき、それを見ても秋だな〜と感じます。

今朝はカーテン越しにこんな感じでした。

写真では朝日の位置はわかりませんが綺麗だったので思わず写真を撮りました。

カーテン越しですが、秋の始まりを感じた今日の朝でした。

朝日が見える家というのは立地条件にもよるので、贅沢だなと改めて思いつつ、、、

そして、自分の成長とは相反して時間だけは着実に過ぎていく。。。

さて、明日はどんな朝になるのでしょうか。

(T)

 

アジアンリゾートでくつろぐインテリア

中古(他社)物件を現在のオーナーが購入、民泊事業を始めるにあたり

民泊運営・代行業者からの依頼で、インテリアをコーディネートすることとなった。

 

もともとは2世帯住宅であったが、複数の家族が一緒に旅を楽しめるよう

宿泊人数10人以上を想定、1階と2階を仕切る扉を撤去した。

 

1階のリビングダイニングには、皆が揃って食事を楽しめるよう

大型のダイニングテーブルを設置、メインダイニングとした。

また、1階の寝室は広めの和室となっている為ダブルベッドも設置しているが

和の雰囲気を楽しんでもらえるよう、敷布団も用意している。

 

2階のリビングには大きめのソファを設置。

ゆっくりくつろげる大人のスペースとして活用できるよう、キッチンには冷蔵庫、

コーヒーメーカー、ポットを設置、食後に飲み物を飲みながら

団らんできる空間とした。

 

2階の2つのベッドルームにはそれぞれダブルベッドを設置。

大人数で宿泊可能としながらも、ゆっくり休める空間作りを意識した。

2階の和室は色とりどりの和の小物やアジアンテイストを取り入れ

異国情緒あふれる雰囲気となった。

シマトネリコを眺める家

閑静な住宅街の中に建つ、コンクリート打ち放し(他社物件)の2階建て。

中庭が設けられ、玄関や1階の寝室、2階のリビング、

和室からと家の中のほとんどの場所から、

メインツリーであるシマトネリコを眺めることができる。

そのメインツリーとコンクリート打ち放しの雰囲気を活かした

民泊物件のインテリアコーディネートを手掛けた。

 

1階は2部屋の寝室の仕切りを2重のレースカーテンへ変更。

3つのダブルベッドを設置し、眠りにつく前のひと時を皆でおしゃべりを楽しむも好し、

レースを閉め、プライベート空間を楽しむも好し・・・

のどちらも好みで選べる空間とした。

 

2階は中庭に面した大きなガラス越しにシマトネリコを眺めながら、

くつろげるリビングダイニングを作り込んだ。

大人数で宿泊できるよう、デイベッドも設置。

雰囲気を壊さないようソファーやダイニングの椅子、

カバーリングやクッションの色味を揃え、統一感を出した。

窓越しにシマトネリコの葉がそよぐ姿を目に入れつつ、

室内にもグリーンや花々のインテリア小物を配置、

自然の中に身を置いているかのようなリビングダイニングである。

 

リビングダイニングの対面は和室になっており、

こちらからもシマトネリコを眺めながらくつろげる縁側を作り込んだ。

縁側と畳間は障子で仕切ることができ、

ゲストが思い思いに過ごせるインテリアとなった。

 

コンクリート打ち放しの無機質さ。シマトネリコの大樹の葉がそよぐ自然の暖かさ。

相反する個性が相乗効果を生み出し、

室内のインテリアにも大きな効果を与えた物件である。

 

 

海・空・風を感じるインテリア

恩納村の海沿いに立つ新築(他社)物件、民泊仕様のインテリアコーディネート。

 

傾斜の屋根、白壁にアイアンのモチーフが可憐な外観であり、

インテリアも可憐なイメージに沿った物件である。

 

1階は2つのベッドルームで、ベッドを4台設置。

暖かな光のペンダント照明を取り付け、濃紺のカーテン

シャンパンゴールドのベッドスプレッドで

シックで落ち着いたベッドルームである。

 

2階のリビングダイニングはパープルのカーテンにパープルやブルーの椅子、

紫系の花模様の絵画で色味を揃えたが、

ソファとラグはグレー系でまとめ、バランスを取っている。

外壁のアイアンの装飾を意識し、装飾カーテンレール

フラワーベースなどにもアイアンを取り入れ、統一感を図った。

 

2階にはフラワーバルコニーがあり、外壁の白壁に合わせ

グリーンとブルーやピンクの造花を採用。

風になびく可憐な雰囲気が人目を惹きつける。

 

3階は天井に傾斜があり、遊び心のある屋根裏部屋の雰囲気を作り込んだ。

ベッドはマットレスのみを設置。時間にとらわれず、

いつまでも話し込んでいたい・・・そんな空間となった。

色を絞って。。。

最近のインテリアコーディネート。

色を絞って落ち着いた雰囲気にまとめております。

クライアントの希望が特に無かったので

私好みになっている気がします(笑

 

大きな面積を占めるソファやカーテンは

ブラックとネイビー

小物にはパープルをシルバー

 

 

大きなプフがお気に入りです。

こちらも民泊の物件なのでラグやカーテンは防炎仕様です。

 

一人でリラックスしながら本を読める

ゆったりな特等席。

 

 

この物件の色を絞った理由は。。。

こちらの絶景を惹き立てるためなのです。

 

 

水平線が目の前に広がる絶景なのです。

こんなに景色が良いと

その景色を邪魔しない事が大事なお仕事。

この海を眺めながらゆっくり過ごすして頂くことを

想像しながらコーディネートしました。

楽しい現場でした!

 

(S)

ウッドデッキ

台風が去り海の色が鮮やかになっております。

他者設計物件のインテリアコーディネートのお仕事が

ありまして。。。

なんとも絶景な場所です。

目の前が海でして

そしたら海を眺めてゆったりしたくなるのは自然のことかと。

 

 

という訳でウッドデッキ施工してもらう事にしました。

施工前の状態はこんな感じです。

 

 

デッキ材に塗装する色も現場で確認。

あれやこれやと悩みながら

業者さんのアドバイスももらいながら…

 

 

完成しましたら、また紹介します。

海を見ながらゆっくりと本を読んだり

お昼寝出来るスペースが理想です。

(s)

living & dining

暑い日が続いておりますね。

今日の地鎮祭で数時間外に居ただけで

バテバテになってしまいました(笑

 

さてさて〜

先日、完成したインテリアのお仕事。

living & dining

 

 

大勢でゆったり過ごせるリビングスペースです。

ソファもデイベッドもあり思い思いに過ごせるように

私は確実に寝てしまいそうですが。。。

 

ダイニングと続いているので

みんなでワイワイ過ごすと楽しそうです。

そして何よりもダイニングからもリビングからも見える

大きなシマトネリコの木がとても綺麗です!

 

 

「緑溢るる」をテーマにインテリアコーディネートを進めて

初夏に緑がどんどん成長していく様子と完成が重なって

とても良いタイミングで引き渡しができました。

どの物件も個性があって面白い!!

(S)

カーテンの威力

晴れた日の昨日はカーテンの取り付け!

まだ何も入ってない建物は

シンプルな箱でそのまんまでも美しいのですが

人の息遣いが感じられる空間に

どんどん変化して、なお素晴らしいと思うのです。

 

何より先にカーテンの取り付けからスタートしました。

 

 

取付してくれるプロの方達も絶景に思わず「おぉ!」

と景色に息を呑んでいました。

プロの仕事は無駄がなくとてもスピーディーでいつも感動します。

カーテンをつけると質感が出て

空間がより惹き立っています。

 

 

カーテン越しに見える景色がとても好きです。

設計の段階からインテリアのコーディネートに携わることができると

カーテンやブラインドなど、窓まわりの仕上がりがスッキリでき

より建物やカーテンの美しさが活かされるような気がします。

 

 

寝室には質感をもう少しプラスしたカーテンを。

お施主様ともこのまま服のテキスタイルにしたいね〜

と話す程、お気に入りの生地です。

 

こちらの物件はもうすぐ完成のvillaです。

インテリアもどんどん仕上げていきますので

今後も紹介しますね!

 

(S)

 

villa 2

梅雨が開けそうで開けない感じの天気ですね〜

最近villaの話題が続いていますが、以前のブログで紹介しましたvillaのOPENが着々と近づいています

以前のブログはこちら → villa

 

そのvillaのお風呂をチラッと

 

海に飛び込みたくなるお風呂です^^

 

OPENが待ち遠しです。

 

そして梅雨明けもそろそろ。。。

 

 

 

(T)

 

 

本の中の緑

久しぶりにとても綺麗な本を見つけました。

なかなかゆっくりは見れないけれど

パラパラ読みでも充分に癒される本。

greenがとっても美しい。

こちらの二冊です。

 

 

ゴッホみたいなモデルさんもなかなかユニークです。

エクステリアの提案はなかなか難しくて

いい本に出会えてとても嬉しいのです。

もう住人というより住緑だね。

 

 

これぐらいに大らかなインテリアを

いつか現実に作ってみたいなぁと夢が膨らむのです。

疲れた時に癒されながら、妄想をして過ごします。。。

 

(s)